Article記事

贈り物にはこの1本!プレゼントして喜ばれるワインを選ぶ方法

2016.01.01  Written by ワイン女子編集部

  • Clip to Evernote

Fotolia_73933780_Subscription_Monthly_M

結婚祝いや誕生祝いなど、プレゼントでワインを贈る時に、どのようなものを選んだらよいか迷ってしまうことはありませんか?そんな方のために今回は、ワインを選ぶときに参考になるポイントや、そのポイントを押さえた、おすすめワインをご紹介いたします。

ワインのエピソードに気持ちをこめる

ワインには、作り手にまつわるエピソードが残されているものがあります。背景にある物語を知り、その込められた想いでワインを選んでみてはいかがでしょうか?

例えば、結婚した友人を祝福するのにオススメなのが、『シャトー・カロン・セギュール』というフランスのワインです。ボルドーとしても大変人気のワインで、ファンの多い一本ですが、なんといってもラベルが特徴的で、大きなハートマークが描かれています。

昔、セギュール公爵という多くのぶどう畑を所有した男性が、「我が心カロンにあり」という名言を残したため、「セギュール公爵の心があるシャトー」の象徴として、ラベルにハートがつけられたそうです。お値段も10,000円前後のものが多く、オシャレな贈り物としてもオススメです。

生まれ年のワインで感動のサプライズ

誕生日の方に贈るときには、その人の生まれ年のワインを選んでみてはいかがでしょうか?

自分の年と同じ期間、ゆっくりと眠っていたワインを飲むことは、それだけで感動的なものだと思います。中には、木箱に入れ、ネームを彫ってくれるなどのサービスもありますので、贈る人の好みに合ったオリジナルワインをチョイスしてみるのもいいかもしれません。

50、60代と年齢を重ねている方に贈るのには、ワインもヴィンテージを重ねているので高額になってしましますが、30歳前後の方ですと、5,000円程度でプレゼントすることが可能です。

大切な友人に贈る1本

気心の知れた仲の良い友人に対しての贈り物に選びたければ、イタリアワインの「リンシエメ」がオススメです。直訳すると「一緒に」という意味の名の通り、一緒に飲みたい友人に贈るのにピッタリの1本です。

ラベルのデザインも人気で、2つの顔が並んだユニークなもの。イタリアワインらしい、仲間とワイワイ楽しめるような陽気なワインです。値段も6,000円から10,000円ほどで販売されているので、記念日やホームパーティーにも良いかもしれません。

♡ 最後に・・・

実際にプレゼントする時に、そのワインにまつわるエピソードを伝えながら贈ってみてはいかがしょうか?自分のことを思って選んでくれていることがわかると、きっと喜んでもらえるはずです。他にもラッピングやメッセージカードを添えたりして、1ランク華やかな贈り物として、プレゼントしてみるのも良いかもしれませんね。

この記事を書いた人Author

ワイン女子編集部

美味しいワイン情報と素敵な女性を皆さまにご紹介いたします!


この記事を共有♡

  • Clip to Evernote