Article記事

自宅で本格的に!ワインを使ったカクテルレシピ

2015.11.25  Written by ワイン女子編集部

  • Clip to Evernote

Fotolia_62550281_Subscription_Monthly_M

ホームパーティーで残ったワイン。皆さんはどうされていますか?
料理酒にするのはもったいないけれど、時間が経って開きすぎてしまったため、そのまま飲むのはちょっと…そんな時にオススメなのが、ワインを使ったカクテル!バーでよく耳にするカクテルも、実はワインベースのことが多いんです。おうちで簡単に作ることができるワインカクテルをご紹介します。

お酒の弱い方にもオススメ!赤ワインベースの「キティ」

氷を入れたグラスに、赤ワインとジンジャーエールを1:1で注ぎます。このとき、ドライなジンジャーエールならキリっとスパイシーな辛口に、甘めのものならお酒があまり得意でない方でも飲みやすいカクテルに仕上がります。

軽くステア(ゆっくりと混ぜる)したら、レモンジュースや輪切りにしたレモンを添えて完成です。酸味を効かせることですっきりとした味わいになります。
お酒の強さによって、ワインとジンジャーエールの割合を変えても良いでしょう。あまりかき混ぜすぎると炭酸が飛んでしまうので注意して下さい。

白ワインとソーダを混ぜるだけ!簡単でおいしい「スプリッツァ」

グラスに氷を入れて、白ワインとソーダを1:1で注ぐだけ。世界中で広く飲まれているカクテル「スプリッツァ」の出来上がりです。

名前の由来はドイツ語で「はじける」という意味の”シュプリッツェン”。ウイスキーのソーダ割りがハイボールとして支持されているように、お酒を割って飲みやすくすることで、気軽に楽しめると人気を集めています。

アルコール度数も下がることから、アメリカではヘルシーなお酒として1980年代に大流行したカクテルです。

気分はカクテルバー「アメリカンレモネード」

赤と白の2層がきれいなカクテルです。作り方は、高さのあるグラスを用意し、レモンジュース(40ml)にガムシロップもしくは砂糖(お好み)を入れて、よく混ぜ合わせたらミネラルウォーター(適量)を注ぎます。上に入れる赤ワインとの比率を調整しながら注ぐのがポイントです。

グラスいっぱいに氷を入れたら、静かに赤ワインを注いでいきます。勢いよく入れてしまうと、きれいなグラデーションにならないので注意が必要です。チェリーやレモンの輪切りを添えると、さらに本格的な仕上がりになります。

♡ 最後に・・・

飲み残したワインがちょっとしたひと工夫で素敵なカクテルに大変身。今回ご紹介したレシピはシェイカーなどの専門的な道具がいらないので、すぐに楽しむことができるものばかりです。簡単だけど本格的なカクテルで、ホームパーティーの評価もアップ!もちろん残りものだけでなく、お手頃価格のワインを使ってみたりして、違ったワインの楽しみをしてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人Author

ワイン女子編集部

美味しいワイン情報と素敵な女性を皆さまにご紹介いたします!


この記事を共有♡

  • Clip to Evernote