Article記事

シーンに合わせてシャンパンを楽しもう

2015.11.18  Written by ワイン女子編集部

  • Clip to Evernote

New.

特別なひとときをよりいっそう盛り上げてくれるシャンパンは、レストランでのディナーや仲間とのホームパーティなどに欠かせない存在です。一言でシャンパンと言っても、ロゼや白といった色合いから、味わいの違いまで種類はさまざま。さらにおいしく楽しむために、料理との合わせ方などをシーン別にご紹介いたします。

シャンパンと料理の基本的な相性

そもそもシャンパンは、ウェルカムドリンクや乾杯で飲む食前酒と思われがちですが、決してそんなことはありません。シャンパンは発泡性ワインですから、料理との相性も抜群です。

合わせ方はワインと同じように考えましょう。ロゼのシャンパンなら肉料理、白のシャンパンは魚介類といった具合です。キレのある辛口のシャンパンは、ワインよりもすっきりとした飲み口が特徴。こってりした料理や揚げ物など油っぽい食事にもマッチしてくれます。

とびっきりのディナーとシャンパン

大切な人と過ごす特別なディナー。フランス料理でよく使われるものに黒トリュフがあります。芳醇かつ複雑な香りは、世界三大珍味にふさわしい高級食材です。

これに合わせるシャンパンは、黒トリュフ特有の香りに負けない強さが必要になります。そこで、渋みとコク深さが感じられるロゼのシャンパンがオススメ。黒トリュフの産地である南フランスのものを選ぶとさらに相性が深まります。また、メインディッシュで登場する鴨や牛、豚といった肉料理もロゼの出番となるでしょう。

シャンパンはデザートとの相性も格別

食後のお楽しみにデザートは外せませんが、シャンパンはフルーツにもスイーツにもよく合います。
例えば、いちごやラズベリーなど赤い色の果物は、シャルドネのような軽めのシャンパンと。アイスクリームのような甘いスイーツには、対照的なさっぱりとした酸味のあるものがベターです。

バニラやシナモンなどの香り高いスパイスが使われることの多いデザートにも、シャンパンのキレの良さや華やかさは負けません。いつもは乾杯用にしていたシャンパンを最後の楽しみにとっておくのも良いでしょう。

♡ 最後に・・・

ワイン同様、シャンパンを食事とともに味わうことで、華やいだ雰囲気がよりいっそう盛り上がります。色や気泡の美しさを楽しむといった意味では、芸術性の高いおしゃれなシャンパングラスが売られているので、いくつか揃えてみるとさらにムードも高まるでしょう。

この記事を書いた人Author

ワイン女子編集部

美味しいワイン情報と素敵な女性を皆さまにご紹介いたします!


この記事を共有♡

  • Clip to Evernote