Article記事

ワインを飲んで、飲食店のグレードを見極めよう!

2016.02.15  Written by ワイン女子編集部

  • Clip to Evernote

girl in the restaurant the evening blurred background

数多くのワインの中から飲食店が独自にチョイスする「ハウスワイン」。「なにを飲もうかな?」と迷ったときの一杯として、大変重宝することが多いと思いますが、その何気なく選んでしまっているハウスワインは、「飲食店の顔」と言っても過言ではないんです。そこで今回は、お店のグレードや姿勢まで垣間見えてしまう、ハウスワインについて、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介いたします。

「ハウスワイン」でお店の料金設定が丸わかり!

初めて訪れる飲食店だと、料金の相場が分からず、注文するのにドキドキした経験などはありませんか?
そんなときはメニューを開いて、ハウスワインの値段を見てみましょう。そこに設定してあるお値段で、お店の料理のおおよその値ごろ感をつかむことが出来ちゃいます。

もし安めの料金で設定されていれば、お店のメニューも手頃な価格、値段が張るようなら全体的に料理も高価だという傾向がありますので、そういった視点でメニューのラインナップを眺めてみても良いかもしれません。

「ハウスワイン」でコスパをチェック!

お店にある他のワインよりもリーズナブルな価格で飲むことができるのが「ハウスワイン」の特徴です。しかし、「安かろう、まずかろう」では、信頼を失ってしまうため、飲食店も気にかけている部分なんです。

あくまでも「リーズナブルでおいしいワインを選べているか」が判断基準のポイントです。「この価格でこの味なら優秀!」と思えるようなハウスワインを出している飲食店は、顧客満足度を重視している証拠です。そんなお店を見つけたら、料理や接客などワイン以外の部分にも期待して良いかもしれません。

「ハウスワイン」でお酒へのこだわりを垣間見る!

お店の顔である「ハウスワイン」にどんな銘柄を選んでいるのか?ここに注目すると、お酒にこだわる姿勢も見えてきます。

ポピュラーで定評のあるワインを選ぶお店なら、ある程度の知識を持っている安心感がありますし、珍しいワインをチョイスするようならば「他では味わえないメニューを出します」という心意気やポリシーが秘められていると想像出来るでしょう。

反対に、あまりハウスワインに力を入れていない飲食店ならば、提供しているワインのラインナップや料理にも期待出来ないことが多いかもしれません。

♡ 最後に・・・

今回は、「ハウスワイン」で見極める飲食店のグレードのチェックポイントについてご紹介しましたが、レストランなどへ行ったらメニューを開いてまず「ハウスワイン」を見る癖をつけると、お店全体を把握する良い判断材料になります。ぜひ一度、飲食店に訪れた際には、今回ご紹介した方法を実践してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人Author

ワイン女子編集部

美味しいワイン情報と素敵な女性を皆さまにご紹介いたします!


この記事を共有♡

  • Clip to Evernote